亜鉛 うつ病予防

亜鉛でうつ病が予防できる?

亜鉛の摂取不足は、人体に広範囲に影響を及ぼす事が知られています。代表的な障害としては、皮膚の創傷や皮膚炎の回復の遅れ、
風邪をひきやすくなる、男性における性欲減退・精子の減少の他、糖尿病の悪化の一因とも言われます。
さまざまな体への影響がみられる亜鉛ですが、現代病と言われる「うつ病」にも亜鉛は密接にかかわっているといわれて
います。亜鉛の摂取で、うつ病の予防ができるのでしょうか。

 

○亜鉛の摂取は抗うつ剤より有効?
日常のストレスを多く抱える現代人は、実に20人に1人の割合で、うつ病、あるいはうつ病経験者という報告があります。
うつ病は、自覚症状のないまま病状が進み、日常生活にも支障をきたすようになる精神的は疾患です。
うつ病の症状が出て、医療機関等で処方される抗うつ剤を服用しても、症状がよくならないというケースもあります。
近年では抗うつ剤に加えて、食生活の栄養バランスを整え、普段の食事を見直すことが有効なうつ病予防として、クローズアップされています。
うつ病等の精神疾患に関係しながらも、特に不足になりがちな栄養素としては、ビタミンA、ビタミンB1、カルシウム、
マグネシウム、鉄分、そして亜鉛があります。
ちょっとしたことで気分が落ち込んだり、イライラが続くという方は、普段の食事にこれらの栄養素を取り入れて
みてはいかがでしょう。

 

○ストレスは亜鉛の消費量を増加させる
亜鉛の働きの一つに、脳の神経伝達物質の生成があります。亜鉛の不足は精神的な不安の元となり、
うつ病や自律神経失調症の一因になります。現代はストレスが多い社会。ストレスの発生は、人の
肝臓内に、メタロチオネインという物質を生成するのですが、この物質が亜鉛を消費するために、体内で
亜鉛が不足がちになるのです。しかし、生きていく上で全くストレスのないという方も、稀でしょう。日常の
食事等で、不足しがちになる亜鉛をしっかりと補い、安定した精神の維持につとめるのも大切です。

 

亜鉛は一日にどれぐらい摂ればいい?

成人が一日に必要な亜鉛の摂取量の目安は、12mgであるのに対し、日本人の平均摂取量は9mgと、
下回っています。その理由として、日本の土壌には、欧米に比べるとミネラルの含有量が少ないことがあり、
ごく一般的な食生活を送っていても、不足がちになってしまうのです。
亜鉛の不足は、心身に不調を招く場合もありますので、足りない分は積極的な摂取が大切です。
亜鉛を多く含む食品にはどのようなものがあるのでしょう。

 

 

○亜鉛は牡蠣と肉類や魚類に多く含まれている
牡蠣は美味しいだけでなく、高い栄養価があることから海のミルクと言われています。亜鉛の含有量もトップクラス
で、日本でも古くから滋養強壮によいとされてきました。牡蠣と同じように、滋養分が豊富な食材にも、亜鉛が
多く含まれ、うなぎ・牛のもも肉、チーズ、レバー、卵黄、大豆、納豆などがあります。
他にもきな粉、豆腐、そば、ゴマ、緑茶、カシューナッツ、アーモンド、黒米や赤米など、比較的普段の食事で
摂りやすい食材ばかりです。

 

成人の一日の必要摂取量は、牡蠣2個分で補充できますが、日常の食事で毎日牡蠣を食べ続けるのは
困難と思われます。そのため、亜鉛が不足していると感じたら、献立に他の食材を増やしてみるといった方法で、
亜鉛を補う事が重要です。食生活が不規則になりがちな方は、サプリメント等を利用して、亜鉛が不足
しないようにしたいものです。

 

 

○亜鉛不足で起きる、さまざまな不調
亜鉛は、人の体のさまざまな機能に関わっていますので、亜鉛が不足すると、最初はちょっとした不調としてあらわれる
場合があります。皮膚や体の表面の変化としては、肌の荒れやシミがめだつようになった、爪にツヤがない、傷の治りが遅い、抜け毛が多くなった等があります。
また、体調の変化として、すぐ二日酔いになる、眼精疲労、立ちくらみが多い、精力の減退、生理不順、風邪を引きやすくなったなどがあげられます。
このような症状があらわれた場合、亜鉛の不足が原因していることも考えられますので、食生活を見直し、亜鉛を
十分に摂取することが大切です。


http://www.1stbrigade.com/ http://www.lekkasport.com/ http://www.sackettbrick.com/ http://www.sebastiansinternetcafe.com/ http://www.joyvillamusic.com/ http://www.goldengateaparts.com/ http://www.dondon-panpan.info/ http://www.electricpineapple.net/ http://www.batyra.org/ http://www.ekskursii-guid-paris.com/ http://www.seoitup.com/ http://www.c-medicine.net/ http://www.sogogolfing.com/ http://www.swarmofthelotus.com/ http://www.jingdawang.com/ http://www.alaskanholsters.com/ http://www.reolifter.com/ http://www.paolomicunco.com/ http://www.solil.net/